2019年はラグビーワールドカップ日本開催!ラグビー観戦のススメ

グラウンド

テレビやラジオ、街の広告などで宣伝が増えているのですでにご存知の方も多いかもしれませんが、今年の9月20日からラグビーワールドカップが日本で開催されます!!(わーい)

全国のいろんな場所で行われるので、ラグビーに触れる機会が増えることと思います。

近所のスタジアムが会場だったり、街や空港で選手の集団を見かけたり。実際に観に行く方もたくさんいるので、普段会う人との話題に出てくるかもしれませんね。

 

この記事に辿り着いたあなたも、少しラグビーに興味を持っているのではないでしょうか?

ラグビーは面白いんですが、よく「ルールがわかりにくい!」「ごちゃごちゃしていてよくわからない!」と言われてしまうスポーツです。

せっかくラグビーが身近になるこの機会。興味を持っている方にさらにラグビーを知ってもらえたらうれしいので、簡単なルール説明や選手、見どころなど紹介していきたいと思います!

最初は気になる選手を見つけるだけでも楽しいですよ。笑

 

それではどうぞ!

 

ラグビーの見どころ

まずは何も言わずにこの動画を見てみてください!

前回の2015年ラグビーワールドカップでの日本vs南アフリカ戦

日本が勝つかどうかの最後のプレーです。

 

迫力あるぶつかりあい!

1人じゃ点が取れないから、チーム全員が1つになって戦う!

そうやって点を取ったときの感動!

 

これがラグビーの魅力です。

 

ちなみに、上の動画は本当にすごい瞬間なんですよ!

世界の強豪を相手に勝率83%を誇る南アフリカ。それに対し、日本のW杯成績は1勝2分16敗で勝率5%

そんな、誰も勝てると思っていない相手に日本が勝ったときなんです。

 

ドラゴンボールで言えば、ヤムチャがフリーザを倒しちゃった感じ。

 

僕はこの動画をみると毎回泣いてしまいますが、ルールなんてわからなくても、動画でなにか伝わるものがあったと思います。(なくてももうちょっと読んでみてくださいね)

 

ラグビーってどんなスポーツ?ルールは?

ラグビーグラウンド夜

ラグビーがどんなスポーツか簡単に言うと、1チーム15人でやる「生身でぶつかりながら陣地を広げていく陣取りゲーム」です。

言葉だけ聞くと頭おかしいスポーツですが、体を張るからこそ出る迫力や感動があり、他のスポーツにはない魅力があると僕は思っています。

 

ルールは

  • アタック側は、前にボールを投げたり落としてしまうと相手ボールになる
  • ボールを前に蹴るのはOK
  • ディフェンス側は、ボールを持っている人にだけタックルできる

というのが大前提なので、

攻め方は

  • 前にいる相手をかわして走ったり、ぶつかったりしながら前に進む
  • または前にボールを蹴って味方に取らせる

といった方法が中心になります。

 

そうやって自分の陣地を広げて相手の陣地を減らし、相手の陣地の一番奥まで攻め、ボールを地面につけることができれば5点入ります。(これをトライといいます)

その後のゴールキックに成功すれば、更に2点入ります。

 

他にも細かいルールや得点方法はありますが、基本的にはこのようにして点数を取っていき、競い合います。

試合中は鬼のような目つきや態度の選手たちですが、試合が終われば敵味方関係なくお互い健闘を称え合います。

これを「ノーサイド」といって、気持ちよくスポーツができる精神を持って選手たちはプレーしています。

 

ポジションってどんなのがあるの?

ラグビー選手

ラグビーはサッカーや野球と違って、ポジションによって選手の体格がかなり変わる珍しいスポーツです。

もしかしたら、ラグビー選手と聞いてパッと思い浮かぶのはめちゃくちゃでかい人かもしれませんが、背が高いけど細い選手、小柄な選手、適度にがっちりした選手、一見ただのデブに見える選手など、いろんな見た目の選手がいます。

グラウンドではそれぞれに見合った役割を持ってプレーしているんですよ。

 

1チーム15人をざっくり見た目と特徴で分けると

  • ガチムチボディでパワーのある「フォワード」が8人
  • 引き締まった体でスピードのある「バックス」が7人

となっていて

フォワードの8人は、相手からボールを奪ったり、大きな体を活かして相手にぶつかりながら前に進む!

バックスの7人は、フォワードがくれたボールを持って、走ったりキックをして点を取る!

という役割があります。

 

その中で、さらに体格や能力に合わせて細かいポジションを決めていきます。

全部のポジションの説明は細かくてややこしくなるので割愛しますが

  • 走るのが得意ではないけど、体が大きくて力がある人は「プロップ」
  • フォワードの中では小さいけど、タックルやボール獲得に長けている人は「フランカー」
  • 小柄だけど、敏捷性があってパスが上手い人は「スクラムハーフ」

など、不利なこと・苦手なことがあってもその人の良いところに注目して、ポジションが決まります。

 

なので、

「小さい人が、自分よりでっかい相手をタックルで倒してる!」

「デブで走れなさそうにしか見えなかった人が、思いっきり走って相手を突き飛ばして点取った!」

なんて意外なプレーがあるのも、自分の強みを活かせるラグビーというスポーツの魅力。

 

これも、ラグビーを観るうえで楽しめるポイントじゃないかと思います!

 

★もっと知りたい!という人へ

 

ポジションについてさらに詳しく知りたい人は、こちらのJ-SPORTSさんのページを見てみてくださいね。各ポジションの説明や配置が詳しく書かれています。

 

実際の選手でイメージしてみよう!

各ポジションをイメージしやすくするために、テレビによく出ているラグビー選手を例に挙げてみますね。

余計な情報も一緒にどうぞ。

 

【フォワード】

●具 智元(グ・ジウォン)選手(動画左)

184cm 122kg 24歳/1994年7月20日

ポジションは「プロップ」

韓国出身だけど、とんこつラーメン大好き。

 

【フォワード】

●畠山健介 選手(動画右)

178cm 115kg 33歳/1985年8月2日生まれ

ポジションは「プロップ」

あだ名:クソヒゲゴリラ(有吉さん命名)

 

【バックス】

●五郎丸歩 選手(動画真ん中)

185cm 100kg 32歳/1986年3月1日生まれ

ポジションは「フルバック」

2015年に日本忍者協議会から「マスター・オブ・ニンジャ」に認定される。

 

●田中史朗 選手(動画左)

166cm 75kg 34歳/1985年1月3日生まれ

ポジションは「スクラムハーフ」

童顔でカワイイ!と国内外問わずラグビー選手にモテモテ。YOUTUBEには外国人選手にお姫様抱っこされてる動画も。趣味はUFOキャッチャー。

 


 

どうでしょうか、イメージできましたか?

 

フォワードの具選手が相手からボールを奪ってバックスの田中選手に渡す!

田中選手はそのボールをパスして五郎丸選手につなぐ!

五郎丸選手はパスやラン、キックで点を取りにいく!

クソヒゲゴリラも相手に激しくぶつかりながら前に進む!

 

そんな感じで試合が進んでいきます。

 

興味を持ったら、試合会場での観戦がおすすめ

グラウンド

冒頭の動画で感じたかもしれませんが、会場で試合を観ると、選手がぶつかり合う音やトライを巡っての息を呑む攻防、観客の大歓声など非日常の空気が体験できるので、かなり刺激的な時間を過ごせます。

テレビで観るのも楽しいですが、もし興味が出たなら一度は生で観ることを強くおすすめします!!

 

試合を観るときは細かいルールがわからなくても大丈夫です。

この記事で書いている

  • ラグビーは陣取りゲーム
  • でっかい人が相手からボールを奪う
  • そのボールを、みんなでパスで繋いだり走ったりして点を取る
  • 攻められている側は、ボールを持った相手にタックルをして得点させないようにする

ということだけ分かればきっと面白いと思います!ぜひ選手たちの攻防や、トライを取った瞬間の盛り上がりなどを楽しんでみてください。

 

それとラグビーはプロ選手との距離が近くて、試合後に選手と話したり写真撮影できることが結構あります。好きな選手やチームが見つかるとさらに楽しめますよー!

場所によっては豚汁やうどん、ポテト、ビールなどいろんな出店もあるので、寒い中試合会場で食べるのも楽しみの一つです(^ ^)

 

終わりに

今回は、ラグビーに興味を持ち始めた方への記事でした!

せっかくなら9月に始まるワールドカップの試合を観てみてほしいですが、チケットが高いですしほぼ売り切れでした。。。

プロ野球的な存在のトップリーグ(*1)や世界と戦うサンウルブズ(*2)、大学のトップチームの試合は気軽に生で観れますので、気になった方はぜひ試合会場に足を運んでみてくださいね~。

特に大学同士の練習試合はほぼ毎週のようにどこかでやっていて、しかも無料で観られることが多いのでおすすめです!

下に試合情報のリンクを貼っておきます。

 

それではまた(^ ^)

 

*1)各社の実業団16チームからなる、ラグビーの日本最高峰リーグのこと。わかりやすく言うと、プロ野球のような存在です。

*2)ラグビーの国際大会「スーパーラグビー」に2016年から参戦している日本のチームのこと。スーパーラグビーは全部で18チームあり、各国で試合があります。日本では、外苑前にある秩父宮ラグビー場で試合が行われます。

 

★ラグビー 試合情報

 

クリックすると、試合予定のページにとびます。

 

サンウルブズ

今年は6月まで毎月試合があります。会場は東京・外苑前の秩父宮ラグビー場。

 

トップリーグ

今はシーズン外ですが、毎年9月頃から日本全国各地で試合があります。

 

大学ラグビー公式戦

こちらも今はシーズン外。9月から公式戦であるリーグ戦・対抗戦が始まります。

 

★大学ラグビー部 練習試合日程

 

こちらもクリックすると、練習試合予定のページにとびます。

 

帝京大学

 

明治大学

 

早稲田大学

 

筑波大学

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。