登山の三種の神器とは?

Teddyです。

山へは基本的にソロで行っていたのですが、ここ最近、山に登りたいというお話を友人からチラホラいただきました。テレビなどで雄大な山の景色を目にすると、実際に登ってみたい!と言われる方はいるでしょうが、いざ登山をしようとなっても何を準備すればいいのかと悩む方が大半だと思います。そんな方のために、今回は登山を始めるにあたって最低限何が必要なのかを簡単にですが紹介したいと思います。

登山の三種の神器とは?

さて、皆さんは登山の三種の神器というものをご存じでしょうか?登山を始めるにあたって、まずはこれは揃えろという代物です。それは、

  • 登山靴(トレッキングシューズ)
  • ザック(リュックサック)
  • 雨具

の3つです。今回は、この3つのアイテムを選ぶ時の基本的なポイントを紹介したいと思います。

三種の神器の選び方

登山靴(トレッキングシューズ)


出典|pixabay

登山と聞いて最初に思い浮かぶアイテムではないでしょうか?登山では、舗装されていない山の中を長時間歩くため、山のレベルに合わせて靴を選ぶことが大切です。登る山やコースによってはスニーカーでも問題ありませんが、足への負担を考えると登山靴を使用したほうがずっと楽に登ることができます。

登山靴を選ぶポイント

■ 保護性能

登山靴にはハイカット、ミドルカット、ローカットの3タイプがあります。 くるぶしが隠れる程度の長さが一般的にはミドルカット、それより短い場合はローカット、長い場合はハイカットと呼ばれています。

出典|mont-bel

山を登る際、足首が固定されているかどうかはとても重要です。ゴツゴツした岩場や木の根が這っているルートを歩いていると、思わず踏み外してしまうこともあります。その際に足首がしっかりと固定されていると、捻挫防止につながります。また、足首が固定されていることによって、歩く際に靴の中で足がズレなくなり、つま先が先端に当たることによる痛みも防止することが出来るのです。

MEMO

ぴったり過ぎるサイズの靴を履くと、つま先が常に靴先に当たってしまい、痛みの原因になることがあります。靴を選ぶときは、約1cmほど大きめのサイズを選ぶのがオススメです!

登る山によって適切なタイプは変わってしまいますが、初心者の方は程よく足首までサポートしてくれるミドルカットがおすすめです。低山、中山に対応でき、ガチガチに足首が固定されるわけではないので動きやすいです。 いつかは3000m級の山にも挑戦したい!という方はハイカットから入っても良いと思います。最初は足首が固定されていることに窮屈感などを感じるでしょうが、2~3回登るとむしろ楽に感じてくるかと思います。かく言う僕も最初からハイカットモデルのシューズを愛用しています。昔から足首にひねり癖がついているため、山の中で捻挫はしたくないと思い、思いきってハイカットモデルから入りました。

■ 防水性

山の天気は変わりやすいです。登っているときに晴れていても、直前に降った雨でぬかるんでいたり水たまりが出来ていたりします。そんな中を防水性が無い靴で歩くと、靴の中がびしょびしょになってしまいます。ゴアテックス製の靴であれば、水は通さないのですが汗などの水蒸気は逃してくれます。そのため靴の中が快適になりオススメでです。一度、道中で浸水してしまい、仕方なくそのまま登山を続けましたがかなり不快でした。個人的にはここは妥協しない方が絶対にいいと思います。快適に楽しむのがイチバン。

■ ソール(靴底)

ソール(靴底)の形や固さも重要でして、登山をするならばソールが固い靴を選ぶとよいです。長時間山の中を歩く登山では、足が曲がることによって疲れが溜まっていきます。そのためスニーカーなどのソールが柔らかいものは長時間歩行に適していません。その反面、登山靴のソールは固いものが一般的で、結構力を入れないと曲げられません。ソールが柔らかくよく曲がるほうが人は歩きやすいと感じますが、その反面、足の疲れも溜まりやすくなってしまいます。また、登山靴のソールには凹凸があるのですが、その凹凸が岩場などをしっかり捉えてくれるので滑り防止や足への負担が少なくなります。登山では、できる限り足への負担が軽くなるソールを選びましょう。

ザック(リュックサック)


出典|pixabay

ちょっとしたハイキングレベルであれば普段のザック(リュックサック)でも大丈夫です。しかし、登山用のザックは背中にフィットさせることや重さ、収納の機能などが特化されており、歩いているときの快適さが段違いです。今後も登るのであれば、ぜひ準備しておきましょう。

ザックを選ぶポイント

■ 容量

なんと言ってもまずは容量です。通常の日帰り登山であれば20リットル前後で十分です。山小屋に一泊ですと着替えなどが増えますので25リットル~30リットルくらいは欲しいです。調理道具などを持っていく場合はもう5リットルほど多く見積もると安心です。

日帰りや山小屋ではなく、テント泊をしたいという方は最低でも55リットルのサイズを選ぶことをおすすめします。テント泊をするとなると、テントはもちろんのこと、シートやマット、寝袋、調理道具に加えて食材も持っていく必要が出てきます。泊まろうと考えているところの近くに水場がない場合は、水もですね。 日帰りの登山道具一式に加えてこれらの道具を持っていく必要が出てくることになります。大は小を兼ねるといいますし、大きめのザックを選ぶことをオススメします。

■ 素材

基本的に水に強い素材が適しています。山中で使用すると雨に降られたり、泥がついたりします。中身が濡れたりせず、汚れもさっと洗える素材が使いやすいです。 また、多少の雨でしたら問題ないですが、本降りの雨の中で長時間使用しているとどうしても中が濡れてしまうこともあります。そんな時のために、雨具と同じような素材のザックカバーがついているザックを使用することをオススメします。

■ 背中の長さ・体へのフィット感

最後に、かなり重要なポイント。ザックにはバックレングス(背中の長さ)という表記があります。靴のサイズと同じように、メーカーがどれくらいの背中の大きさの人に合っているかを明記してくれています。残念ながら、すべてのメーカーが表記してくれているわけではありません。ですので、ザックを選ぶときは靴を選ぶ時と同じように試しに背負ってみることがとても重要です。

ザックの長さが自分より長ければザックの位置が低くなり、ウエストベルトの位置も下がります。逆に短いとザックの位置が高くなり、ウエストベルトの位置も高くなってしまいます。ウエストベルトは腰骨の位置に来るように設計されているので、直接背負って鏡を見て適切かどうか確認しましょう。

また、ザックの長さがちょうどよくても、体にフィットしないモデルも存在すると思います。骨格や筋肉の付き方などは人それぞれなので仕方のないことです。お店でザックを選ぶときは、同じ容量のザックを数種類選び、その中から最も自分の体のサイズに合っているザックを選びましょう。背中がちゃんとフィットし、ザックと背中に大きな隙間がありすぎないか、当たって痛い部分や違和感がある場所はないか、などを確認することが大切です。

雨具


出典|facebook GORE-TEX

後回しにされがちなのがこのレインウェア。晴れている時しか登らないからといって、準備を後回しにされがちです。しかし、山の天気はとても変わりやすいです。雨に濡れると体温の低下につながるため、登山においてはとても重要なアイテムなのです。雨が降っていなくても、寒い時にはウィンドブレイカーとしてして使えるので必ず準備しましょう。

オススメはゴアテックス素材の雨具です。外からの水をしっかり弾いてくれるのはもちろんのこと、内部の汗などの湿気を外に逃がしてくれることで内部が快適になります。ただ、どうしても上下買うとなると1万円以上かかってしまいます。予算の都合でどうしても買えないという方はウィンドブレーカーやマウンテンパーカーである程度はしのげるので、代用してもいいかもしれません。

まとめ

駆け足気味で説明しましたがいかがでしたでしょうか。この3つがあれば最低限登山を始めることができますね!(無茶は厳禁)

正直、登山靴やザックに関しては選び方を説明するとそれだけで一つの記事になるレベルなのでざっくりとした説明になってしまっております。この辺、詳細編ということでまた紹介出来たらと思っています。次回は、三種の神器以外の小物などについて持っておくと便利なものを紹介予定です。ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。