渡る世間はゲイばかり〜エレクトーンを知っていますか?〜

みなさんこんにちは!
カジオーです。

またまた久しぶりの更新となってしまいましたテヘへ
なんとか第5弾を迎えることができました。

だんだんと気温が暖かくなってきましたね。
男性同性愛者の私としては、外を出歩くときにそろそろハーパンで出歩かないといけないかなと妙な強迫観念に囚われております。
原色短髪黒髪ハーパンで小綺麗だった場合だいたいゲイです(偏見

今回の記事のメインとは全く関係ないのですが、このブログのコンセプトの一つに、
さまざまな性的指向というものも含まれていますので、
こういった小ネタ?も少しずつ投稿できたらいいなと思っています。

さて本題ですが、今回はエレクトーンについて少しだけお話させてください!
相変わらず統一性のない私の投稿ですが、音楽に関する投稿は今後も多くなるかと思います♬

エレクトーンとは?

エレクトーン(Electone)ってみなさんご存知でしょうか。
聞いたことがあるよ〜という方が多いような気がしております。
ヤマハ株式会社が製造販売する商品で、同社に商標登録されている電子オルガンの名称です。
モノによって多少の違いはありますが、基本構造は上鍵盤、下鍵盤、ペダル鍵盤、エクスプレッションペダル(音やピッチを変化させる等)、セカンドエクスプレッションペダルを備えており、両手両足でそれぞれの鍵盤、ペダルをコントロールして演奏する楽器です。

音色についてはこれまた機種によって違うのですが、鍵盤楽器、管楽器、またパーカッション等々たっっっくさんの音が出せます。
音色に関しては情報が多すぎて紹介しきれないですので、
もし興味のある方は、ヤマハのHP、またはWikipediaにてご参照くださいませ★

↓↓↓一般的なエレクトーンの見た目はこんな感じです↓↓↓

実際の写真載せろよってお話なのですが、著作権等で問題になってしまっても怖いので、
みなさんもよくご存知のイラスト屋から拝借いたしました。
このイラストにはエクスプレッションペダルがないですが、おおよそこのような見た目です。

一時期CMでも放映されていたこともあり、ある程度どのような楽器かは知っている方も多いかもしれないですね!

エレクトーンの歴史

エレクトーンですが、調べてみると意外と歴史が深く、初代機種は1959年まで遡ります。
初代機種が発売されてからもう60年も経っているのですね。。
技術の進歩とともに改良を重ね続けており、様々な機種が製造されてきたようです。

機種の詳細や変遷に関しては多すぎて紹介しきれないですので、
もし興味のある方は、ヤマハのHP、またはWikipediaにて再度ご参照くださいませ★★

現在のエレクトーンですが、しっかりとした演奏をするためにはPCの技術や知識も必要で、機種自体のアップグレードも多くカスタマイズがとても複雑です。
そしてお金がかかるのです。。。💸💸
お金についてはどの楽器に対しても言えることだとは思いますが、なかなか融通の利きづらい楽器です。
アップデートや楽譜、レジストデータの購入を考えるとコンスタントに資金が必要になってしまいますね〜。
あーしんどい。

私が所持しているエレクトーンはSTAGEA D-DECK PACKAGEという機種ですが、
本体以外にも弾くためのパーツ(スピーカー等)も併せると総額で50マン年きゅらい致す
手が震えてしまいました。50万円くらいします。。。
生産や会社の利益等々を考えたら妥当な価格なのかもしれませんが、
もうちょっとだけ手に届くところに、、、、という思いがあります。🙏

実は私、幼少期にエレクトーンを習っておりました。
習っていたといっても週に1回30分だけのレッスン(しかもサボりまくり)でした。
実家はあまりお金のある家庭ではなかったのですが、それに対して月謝を払ってもらっていたと思うと少し心苦しくなりますね。。。

習うきっかけですが、当時すごいエレクトーン奏者がいて感銘を受け、どうしても始めたい!と親にゴネたなどと言いたいところですが全く覚えていません。✌
なんとか楽譜を読むことができ、簡単なコードについて弾くことができるくらいにはなっていたつもりですが、奏者に大事な表現力等は身につかないまま終わってしまいました。

私が習っていた時の講師はピアノを教えるのがメインの方で、エレクトーンの生徒は私一人だけだったこともあり、先生自身もエレクトーンについては詳しくありませんでした。

私は当時義務感でしかやっていなく(おい)先生の家にあったふっる~~いエレクトーンを週に一回致し方なく()弾いているのみでしたので、ちゃんと興味を持って真剣にやっておけばよかったと後悔しております!!!!

ゆるーく続けてはおりましたが、中学校に上がるとともにやめてしまったので、やはり大した演奏はできません(悲)

お前の歴史に興味ねぇよと言わずあとちょっとだけお付き合いください。

それ以降社会人になるまではエレクトーンはじめ鍵盤に触る機会はほとんどなかったのです。
が、最近になってから急に弾きたくなってしまいました!!!
YouTubeでいろんな動画を漁っていたらエレクトーンの動画を見つけたのですが、
懐かしい感覚に浸りながら聞いてみるとかっこいいのなんのって。

カジオーさん(筆者)は衝動的にやりたいと決めたいことは実現可能であればすぐに行動に移すタイプです。
というわけですぐに購入しちゃいました。

↓↓↓↓↓↓↓↓
デデン!

こちらになります!!!(向き!!!)
前述の通りですが、『STAGEA D-DECK PACKAGE』という機種です!(感動

エレクトーンは基本持ち運び不可(持ち運べなくはないですが、100kg前後の重量があるので基本は動かしません。)なのですが、こちらの機種は、手で弾く鍵盤と足で弾く鍵盤が離れており、軽量化されているので持ち運びが可能な機種なのです!!
同時に財布がとっても軽くなって持ち運びやすくなりました!死
といっても新品はもうほとんど出回っておらず、中古をネットオークションで落としたのですけども!(それでも15万以上しましたが、、)

実際に弾いてみた

実際に弾いてみちゃいました~~~~
ありがちですよね〜〜〜ウンウン

久々に触るとやはり衰えていますね。。
悲しいかな、視力が落ちていて楽譜が読みづらくなっていることにも気づいてしまいました。。。
頑張りましたが、知識と技術が足りな過ぎてめちゃめちゃモヤモヤしています!!!!!

うるさいですね。落ち着きます。

お時間の許す限りご覧いただけますと幸いです。
↓↓↓↓↓

曲のチョイス(笑)と聞こえてきそうですが華麗にスルーします。
渋いんですが好きなんですこの曲。
みなさんもしかしたら知っているかも知れませんが、
『渡る世間は鬼ばかり』というテレビドラマのテーマソングです。
渡る世間は鬼ばかりと聞いてこの曲が思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

動画を見ていただけると分かると思いますが、様々な音色が一人で演奏できるのです!
演奏については厳しい意見もあるかと思いますが、やっぱりとても楽しいですね(^^)

何かご指摘やリクエスト等ありましたらお気軽にコメントをもらえたら嬉しいです!
もしかしたら、今後「弾いてみたシリーズ」として投稿をするかも知れないです♬
長くなりましたが今回はこれにて!

またそのうちお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。